インナーの着用

ゴルフシューズのインナーは専用ソールが特に重要に

表面的にはあまり激しい動きが無く、スマートでいかにも紳士のスポーツというイメージが持たれがちなゴルフですが、そのイメージとは裏腹に足元には相当な負担が掛かるものなのです。
ラウンド中は相当な距離を歩きまわりますし、力の入るドライバーショットでは足元の踏ん張りやバランス維持も非常に大切となります。
これらを一見ビジネスシューズと外観が変わらない固めのゴルフシューズでこなさなければならないのですから、その負担の度合いが推し量れるでしょう。
したがってゴルフシューズ同様その中に履くインナー類も大変重要となるのです。
ゴルフシューズの硬さから足先を護りぴったりフィットさせる役目を果たすのは、主にインナーソールとソックスという事になります。
特にインナーソウルの存在は重要で、ゴルフ専用の素材や形状を持ったモデルが幾つもリリースされているのです。
その特殊素材による衝撃吸収力とフィット感は、一度着用すると病みつきになるほどゴルフを楽しいものにしてくれる事でしょう。

ゴルフシューズ用のインナーを使うとスイングが安定する

ゴルフでは、スイングするときに足を踏ん張れるかが重要です。
スイングしたときにシューズの中で足が動いてしまうと、うまく力を入れられずブレてしまいます。
ゴルフシューズを着用して足元を安定させるのが大事ですが、さらにインナーも併用すれば、足元の安定感が格段に増します。
スイングのブレをなくせるのに加え、足への負担が軽減され疲労しにくくなるのも大きなメリットです。
特に土踏まずがない偏平足の人は足に負担がかかりやすいので、インターを使うのがお勧めです。
ゴルフ用品店やスポーツ用品店には、ゴルフシューズ用のインナーが販売されています。
ゴルフシューズ用のインナーは、足を思い切り踏ん張れるように衝撃吸収性に優れているのが特徴です。
既製品の中から自分に合ったものを選ぶのも良いですが、さらにこだわる場合にはオーダーメイドという手もあります。
オーダーメイドだと自分の足型に基づいて製作するので、足元へのフィット感がまるで違います。

recommend



2019/12/19 更新